弁護士は必須か

売掛金をはじめとする債権を回収するためには、時には弁護士による訴訟も必要となります。訴訟把握まで最終手段なので、そう何度も行うことはありませんが、それでも債権回収のための催促状を提出したり、時には調停を行って、ぎりぎりまで債権を回収したりと、様々な支援を通して債権を回収できます。今から債権の回収を行うにあたり、弁護士が必要になってくるかどうか、一度慎重に考えてみましょう。

もし当事者同士で話し合って、問題なく債権を回収できるのであれば、わざわざ弁護士に相談する必要はありません。とはいえ弁護士のサポートがまったく必要でなくなったというわけではなく、催促状をはじめとする各種書類の準備だったり、調停などの話し合いを行う際は裁判所での話し合いが必要となるので、弁護士や法律事務所などの情報はあらかじめチェックしておいて、どういう分野に強いのか確認したうえで、債権回収に有効な人材がいないかどうか探してみてください。

債権回収の依頼費用はもちろんかかりますが、それが完全に無駄になるとは限りません。訴訟や調停を行わなくても、交渉の際に弁護士が間に入るだけで、よりスムーズに交渉が進んだり、債務者側が債権を踏み倒すような行為を起こす心配は減るでしょう。多少費用をかけても弁護士を雇うことで、費用を支払った分だけ、様々な利点を活かせる様になり、債権の回収も確実に行えるようになるはずです。